◆ お仕事

株式会社光陽社「アート年賀状2018」

株式会社光陽社の「アート年賀状2018」にギルド会員の白谷泉、鈴木泰子、中川恭子、深谷友紀子のデザインが掲載されています。

光陽社ホームページ
https://www.koyosha-inc.co.jp/nenga_2018/index.html

ギルド会員メディア関連情報

今週2月25日(土)にテレビ朝日系で放映されるドラマに、ギルド会員深谷友紀子さんが筆耕者として出演されます。筆耕する手のご出演のほか作品も見ることができます。日本カリグラフィースクール様も協力されています。ご覧ください。

【放映日時】
2017年2月25日(土)21:00~
テレビ朝日系 土曜ワイド劇場『おとり捜査官』

<筆記体練習帳> 三瓶望美

ギルド会員の三瓶望美さんから著書出版のお知らせです。

2016-01


「英語の名文をなぞる 〈筆記体〉練習帳」

三瓶望美 筆記体 研究社編集部 編集
研究社 ¥1,080
(2016年5月発売)

2016-02
「美しい英文が書ける書き込み式 筆記体レッスンブック」

三瓶望美(ミカメノゾミ)著
日本文芸社 ¥1,080
(2011年11月出版、2016年3月第5刷発行)

 

 

「やさしい水彩の時間」 あべまりえ著

201412_40ギルド会員のあべまりえ(永井明子)さんから著書出版のお知らせです。

透明水彩絵具は、お水をたっぷり使って描く画材。紙の上で色を重ねることで現れる透明感や、色彩の鮮やかさが魅力です。
透明水彩絵具を扱うには、少し技術が必要です。簡単なイラストを描きながら、そのノウハウを少しずつ身に付けていきましょう。
本書では、基本的な技法はもちろん、次のステップへと続く応用編、さらには、暮らしの一部として水彩を楽しんでいただけるよう、
描いたイラストを使って楽しむクラフトのアイデアもたっぷり紹介しています。

大好評の水彩イラストレクチャー本『たのしい水彩の時間』と対になる一冊です。異なる課題とテクニックで、新たなモチーフを描いていきます。
初めての方も、すでに水彩を始めている方も、ワクワクした気持ちでトライしてください(イラストを描くのが初めての方や、
形取りが苦手という方のために、巻末に図案を収録しています)。

『水彩教室Papier(パピエ)』  永井明子(あべまりえ)
http://marie-abe.com
http://ameblo.jp/marie-abe/

27年度 「小学5年生 書写」 教科書にカリグラフィー

ギルド会員の河南美和子さんからご報告です。

27年度改訂版の小学5年生 「書写」の教科書に、カリグラフィーが紹介されることになりました。

中学英語の教科書から筆記体がなくなり、カリグラフィーにつながる美しい文字の認知が薄れおりましたが、小学生の教科書に「カリグラフィー」という言葉が載ることは、とても嬉しいこ とです。

書道部のように、クラブ活動でカリグラフィー部ができたら素敵ですね!

201410_15201410_16

「 カリグレイスコープ -文字の万華鏡-」河南美和子著

201410_14ギルド会員の河南美和子さんからのご案内です。

10月11日発売

「 カリグレイスコープ -文字の万華鏡-」
河南美和子著 マガジンランド出版

1,111円(税抜き)

色鉛筆とカラーボールペンでアルファベットをデザインする 簡単なテクニックで、万華鏡のような不思議なデザインを作り出せます。

「たのしい水彩の時間」 あべまりえ著

abeギルド会員のあべまりえ(永井明子)さんから著書出版のお知らせです。

水彩教室パピエへようこそ!形がうまくとれない初心者でも、ちょっとしたコツをつかめば完成できる、透明水彩イラストの描き方と、せっかく描いたイラストを暮らしに活かす、クラフトのアイデアを教えます。(下絵図案付き)

前半のイメージ編では、透明水彩絵具の基本を知り、楽しく筆を動かしながら、イラストを描いていきます。自分の好きな色の組み合わせを知り、絵具をどのくらいの濃さ、どのくらいの水加減で溶くのかを、感覚的に覚えましょう。それぞれのステップを経て、色見本帖、ポスター、バラのフレーム、ポップアップカードに仕立てることができます。

後半のテクニック篇では、より豊かな表現が可能になり、描くことがますます楽しくなる、透明水彩の技法をレクチャーします。モチーフのレイアウト、マスキング液の効果、ペンを使ったスケッチ風イラスト、絵本風イラストの描き方など、一つ一つは、さほど難しい技法ではありません。それらをゆっくり身に付けながら、レッスンを進めていき、しおりやブックカバー、クリスマスカードにパーティーグッズ、紙の汚し加工とコラージュ、種を贈るカードを完成させましょう。

写真を見て描くスケッチ風イラスト以外の参考作品は、すべて巻末に図案を収録しています。切って貼ってクラフトに使える、綴じ込み付録と合わせてご活用ください。

 『水彩教室Papier(パピエ)』  永井明子(あべまりえ)
http://marie-abe.com
http://ameblo.jp/marie-abe/